特集 内田春菊

漫画・エッセイ・小説・音楽・俳優etc.その多岐にわたる活動と、東京電力でん子ちゃんでチラリとでも知ってる人は多いハズ☆ 個人的に大ファン(つーか影響受けすぎっ)なので、ページ作ってみました!

あたしのオススメ!

目を閉じて抱いて

春菊といえばコレ!! まずコレを読めってカンジの超(?)大作。

春菊の書くものの面白さは、なによりそのキャラの生々しさにあると思う。

この漫画もそう。主人公たちはみなフツーのサラリーマンとOL達。勝手気ままに生きたかったり、おねだりすように結婚したかったり、みんな自分が一番かわいい。

そんな彼らが出会ったのが、ニューハーフ(実は両性具有)の花房だった。

そして彼がその奇妙な存在感をもつ花房に愛されることで物語りはよりリアルなサスペンスに発展していく。

あたしがグダグダ言っても伝わらない! まずはBook offへゆけ!! 絶対あるっ。

南君の恋人

94年に高橋由美子主演でドラマ化。だから知ってる人も多いハズ。恋人ちえみがなぜだかちっちゃくなってしまった、その同棲生活の話。でもコレ、原作は『小美人ポルノ』なんだよねぇ。そりゃそうだわな、だって主人公カップルは高校生の二人なんだから。

小人であることのツラサと不安を抱えながら、二人は愛を確かめ合ってゆく。こんな小人の世話をする南君はほんといい男だと思うよ……(しみじみ)。そしてドラマとは当然違う衝撃のラストは必読!!

私達は繁殖している

育児マンガ、と言っていいのかどーか?? 春菊の妊娠、出産、流産、子育てetcを赤裸々+フィクションで綴ったエッセイマンガ。

妊娠八ヶ月目にジーパンではじめてマタニティとベビー用品を見に行く女。「子供なんて転がしときゃ育つ」というのはよく聞くけど、ほんとにやってる人はあんまりいない。その育児・生き方は、憧れても、一見簡単そうでも、できないんだろーなぁ。だってそんなに根性座ってないもん(今はまだ!)。

「結局私は、仕事が出来て、子供が産めて、好きな男と暮らせればそれで満足。これってフツーでしょ?」

フツーだけどフツーじゃないんだよね。でも彼女みたいに自分らしく子供を産みたい! 繁殖したい! そう思えるマンガです☆

数年前Nステーションにゲスト出演してたとき久米宏がやたらと「いい女だいい女だ」と言っていたことがある。なんかねー、わざとらしいのよ、言い方が。性に開放的でバリバリ働いて、自由に子供を産む彼女を褒めちぎるのが、彼(ってうか朝日)のスタンスなんだろーなぁって感じだった。いや、いい女なんだけどさぁ……。

こんな女じゃ勃たねえよ

ファザーファッカー

春菊は物語を書くと、SFでも「アレって実体験なんですか?」と言われるそうな。んー、分からんでもない。とりあえず、全部じゃなくても、そのセリフだとか、男のヒドイ仕打ち、なんかは、かなり実体験だと思う。そしてそれは春菊の大量の仕事の中でかなり被って繰り返される。

この小説 自伝風小説だったのが今では自伝で通ってる の内容も春菊の初期作品での出来事とかなり内容が被る。春菊の描くリアルはホラーだ。その孤独と陵辱の記憶は生々しすぎて直視できないほどである。

春菊のホラーといえば今年出た「ホラー傑作選 隣人」はかなりオススメ☆ ほんとに怖いのはフツーの人々、身近な人々、それも狂気でもない、フツーの感覚。自らの結婚生活をモトネタにした「働く妻にやる気をなくさせる法」。怖すぎますので必読  一時はいっしょにエッセイ漫画にも登場してた夫(オオクボ)なのになぁ……。

子猫のスープ

彼が泣いた夜(長編小説)

相変わらず、恋愛に夢を持たせてくれない春菊様ですが、ラスト、男に対して希望をもたせてくれます。彼氏とラヴラヴなあなた!必読

あなたの世間体

水物語

ホステスと中年男のロマンスと思いきや「あー、男ってぇ奴は……」となるのはやっぱり春菊。

ファンダメンタルズ

愛だから いいのよ

《私は今まで男には「運命を共にしてくれるが女としてはダメ」か「女として可愛がってくれるがその他はダメ」のどっちかの選択肢しかないと思ってたのに、例外が一人でもいたら、考えはくつがえされるのだ。その例外と今は暮らしているようです》

子供二人と腹子一人を連れて結婚。年下彼氏ユーヤとのラブラブ新生活! そして四人目出産!!

著者の今までの作品 ヒサンな男の話を読んでた一ファンとしてはただただ嬉しい!!

「いい男(=自分にジャストフィットの男)っているんだなぁ……」と希望をもたせてくれました(←何様?)。本書後半のマイホーム作りのお話は、現在『フィールヤング』のエッセイマンガ「ほんとにたつのかな?」で連載中!

わかるだけ作品リスト

※Web担当からの注:この記事の情報は2002年11月3日時点のもので、その後出版された著作等はカバーしていない可能性があります。

[movie ; video]

ファザーファッカー・顔・水物語・闇のまにまに・南君の恋人  他多数

[ music ]

バンド・アベックス「ある日あなたと草の上で」

[ books ]

春菊・シーラカンスロマンス・アドレッセンス・ヘンなくだもの・見守ってやってください・鬱でも愛して・闇のまにまに・四つのお願い・ユーガッタ春菊・うーんとセラピー・幻想の 少女全四巻・めんず。南君の恋人。もんもん都市(シティ)・物陰に足拍子1〜4・ツキを呼び込む10ヶ条・しあわせのゆくえ・一身上の都合・水物語・シーラカンスOL・今月の困ったちゃん・波のまにまに・僕は月のように1・2・凛が鳴る・呪いのワンピース・さとる・クマグス1・2・シーラカンスOL 昭和編 平成編・けだるい夜に・カモンレッツゴー・ファンダメンタル1・2・ブキミな人々・ストレッサージ1・2・私の部屋に水があるわけ・愛のせいかしら・ファザーファッカー・吸血少女対少女フランケン・仔猫のスープ・ナカユビ・24000回の肘鉄・あなたの世間体・キオミ・私達は繁殖している・やられ女の言い分・口だって穴のうち・こんな女じゃ勃たねえよ・目を閉じて抱いて・基礎体温日記・犬のほうが嫉妬深い・最近蝶々は・彼が泣いた夜・あたしの事憶えてる?・あなたも妊婦写真を撮ろう・HOME

《創作》愛はオカルト

「もしもあたしの頭がイカれちゃったら、メンドーみてくれる?」 ふいにあたしがそう聞くと彼は

「みるよ?」

と即答した。まるで「あたりまえじゃん?」とでも言う風に。決して、多分絶対、いいかげんにあしらう風でもなくて。

それはあたしにとって至上の言葉で、「出会えた言葉」だった。家と縁を切っていたあたしは、一人で生きていく覚悟ができていた。それは「死なずにただ壊れる」のが許されないということ。だからただ、嬉しかった。

でも、それだけ。その瞬間きっと彼の中には「愛情」みたいなモノがあったんだ。そう思うようにするの。


愛情みたいなモノ、いわゆる愛、愛情。

「形のないモノに誰が愛なんてつけたんだろう」。昔中島みゆきがそう歌ってた。ずーっと大昔、どこかの暇人が「love」という言葉を発明した。おそらくできた当時は、その言葉がそんな絶大な束縛力を持ってン十億という人間を(もっと?)苦しめることになるとは思わなかっただろうね(笑)

「愛」と「幽霊」ってどっちの歴史が古いと思う? 「愛」と「超能力」は??

あたしはそれらの言葉を知ってるけれど、当然どれもまだ見たこともないし、触ったこともない。みんなそのハズだけど。ただあたしは、それらの言葉を「知ってる」「ある」「感じる」という人々がいるのを知っているだけ。愛にあたかも実態があるかのようにみんな言うけど、そんな不確かなものによく重きを置けるよね(って言うと『不確かだからだ』とか陳腐なことを言う奴がいるんだよ)。あたしには無理だね。


「英語では“make love”、愛を作るって言うけど、日本語では『愛し合う』。愛は最初からあるんだよね」といったのは確か内田春菊(のキャラクター)だったと思う。英語のloveと日本語の愛をまったく同じで考えることはできないけれど、この場合の日本語のの愛なら、わかる。愛は自分の中にしか無いモノなのよ。少なくとも自分の中にしか確認できないモノなの。脳内ドーパミン幻覚の恋とは違うわ。「愛憎」の愛で、「愛欲」の愛なんだもん。


「愛してる」なんて言葉はいらない。でもせっかくだからその瞬間だけ信じてあげる。いつまでもあたしの言葉にすがりついてないで。二秒後の保証もできない不確かな言葉なんだから。ねぇ、だからあたしを一人にしないで。毎日あたしに会いにきて。毎晩あたしに電話をちょうだい。愛の言葉をあたしにちょうだい。あたしの頭がイカれちゃうほど、イカれちゃうまで言いつづけてよ。